不動産

近年、不動産取引は多様化・複雑化する傾向にあり、取引を巡るトラブルもいたるところで生じています。
不動産紛争の解決には法律・建築・金融・税制など様々な専門分野の横断的な知識が必要となります。
紛争解決のために考慮すべき事情は千差万別であり、同様の案件でも法律家の考え方によって処理方法は一律ではありません。
問題の特質を見極めたうえで、各処理方法のメリット・デメリットを考慮して、適切な方法を選択することが必要です。
また、不動産問題は紛争解決後も相手方との関係が続くことが多く(ご近所づきあい、貸主借主との関係など)一度こじれると関係を修復することが困難であることから、そういった点も踏まえて問題の解決に臨むことが求められます。
当事務所で扱っている主な案件は下記のとおりです。
まずは、お気軽にご相談ください。


横浜弁護士会所属・港都綜合法律事務所